English


MASA

MASA(Spacegathering / Hypnodisk)

80年代前半ノイズ/インダストリアルバンドを結成、新宿ロフト、
渋谷屋根裏など都内ライブハウスで活動を開始。
90年 代初頭、T.T.T. Recordsや、世界各国のレーベルから数々のリリースを重ね、
96年ファーストアルバム『Just Inside』をリリース。
2002年にはRee.KとのレーベルHYPNODISKを始動、
2006年春、テクノロジーと音響心理学を巧みに操作した
ソロアルバム「Why?」をリリース。
宇宙と共鳴するパルスコミュニケーションを軸に音による意識の変容を追求中。

WEB FaceBook

REE.K

REE.K(Spacegathering / Hypnodisk)

REE.Kの世界をカテゴライズすることは難しい。
秘める想いは「音による意識の改革」。
一度聴けば忘れない独自の世界観をもつ作品群が、ジャンルを超え、
ボーダレスに展開される。人はそこに一夜の夢を見るだろう。一つの物語を感じるだろう。
そして、実は意識だけでなく、自分がいる空間そのものも
再生されていることに驚くだろう。REE.Kの魅力である。
84年音楽活動開始/92年DJ活動開始/97年「Space Gathering」始動,
98年「Kinocosmo」結成,01年mixCD「Cubism」リリース/02年レーベル「Hypnodisk」スタート,
06年コンセプトを補完し合う2枚のmixCD「Alpha」&「Omega」リリース。
エレクトリック・ダンスミュージックの探求に、終わりはない。

WEB FaceBook


SEIICHIRO TANAKA

SEIICHIRO TANAKA(Hypnodisk/Feb)

名古屋を中心に活動するミステリアスボーイズ「SEIICHIRO TANAKA」、
Seiichiro NaganoとHiroshi Tanakaによる2人組のLIVEユニット。
'06年、二人で制作した曲「evening glow」が「hiroshi watanabe/sounds of instruments:01」
に収録されたのがきっかけとなり活動を始める。
'07年、ギリシャのklik recordsよりリリースされた日本人のみで構成されている
コンピレーションアルバム「big in japan」に参加。
オーストラリアのレーベルや数多くのSnowBordDVDなどにも楽曲を提供している。
'09年にはHypnodiskより"L-more EP""Electroshock EP"をリリースし、
東京Ageha、名古屋Radixでのリリースパーティでは息の合ったプレイを披露。
2010年にはDJ WADAのリミックスを含む3rd Single"Yello Flag EP"をリリース、
そして待望のフルアルバム「Drop In」を2011年春にリリース。

Blog
FaceBook

Nori

Nori (Posivision / Hypnodisk)

ミュージックマガジンposivisionのエレクトロニック・ミュージック部門を総括するエディターにしてDJ。
そのスタイルはClick/Minimal/electronicaを中心にMixOutし、フロアを揺さぷる。
レーベルhypnodiskへ所属し、宇宙と共鳴するパルスコミュニケーションを修得中。
レジデンツは西麻布のColorsStudioのTRINITRON。3月には、ロンドンのパーティAlpha Omegaや
Camden townの名物店inSpiral Loungeからブッキングを受けるなど精力的に活動中。

MySpace

Killy the System

Killy the System



MySpace




AngelFish

AngelFish

Mike Maguire and Masayuki Kurihara


MySpace





Enemagic Sound Orchestra

Enemagic Sound Orchestra



MySpace






Aym Jet

Aym Jet
Noise Experimental Live Act ex ZaCafe

MySpace





Kojiro

Kojiro

AymJet X Kojiro = JetLogico








Dub Kutz

Dub Kutz 

"Brazilian born Eduardo Viegas started his musical life playing guitar, 
bass and drums and writing music at age 14. Throughout the years 
Eduardo played in many bands of different styles, such as rock, Brazilian music, funk and others.

In 2006, a few months after attending to his first rave, 
Eduardo started DJing and learning how to make electronic music 
with JotaCe (Beat Tech Recordings, Tek Soul Records), 
an old friend and partner in bands who had been producing industrial 
and other genres of computer based music for ten years. Soon, 
the duo started their Extreme Valium Trip project and began playing 
live sets all around their native Sao Paulo state.

In 2011, Eduardo started producing under the Dub Kutz  moniker and will soon 
have his first solo releases out through Hypnodisk (Japan),Tart Music (Italy) and Tek Soul Records (Holland)."





Gabriel Masurel

Gabriel Masurel

80年代中頃Alternative/Indie Pop/Rockのドラマーとして音楽のキャリアをスタート。
セカンドサマーオブラブに影響を受け初めてシンセサイザーを買い、エレクトロミュージックに傾向していったGabriel Masurel。
1993年フランスのレーベルUFKより名曲「Over bloody Flood」BluePlanetCorporationとしてデビュー。
ファーストアルバム「Blue Planet」を99年に伝説のUKサイケデリックトランスレーベルFlying Rhino Recordsよりリリース。
またUFK,POF,Flying Rhino Recordsからリリースされた90年代の名曲をまとめた2枚組アルバム「A BLUEPRINT FOR SURVIVAL」
を2009年にリリースした。そして2014年日本発HypnodiskよりGabriel Masurel名義にて新たな境地を切り開くエレクトロサウンド
「Your Body's So Freaking EP」をリリース、BPC名義でのREMIXも収録されている。





Nirei

Nirei

2001年生まれの未来を担う現役中学生DJ。2012年奄美大島のプライベートパーティーで初ステージに立つ。
DJをやるのが楽しくてたまらない14歳。曲を聴くのも、掛けるのも大好き。
2014年エルサルバドルのテクノレーベルUnderNoizeより、初のEP「Glitch Factor EP」をリリース。
2015年Hypnodiskより最新作Evolutionをリリース。